ゲーム好き必見!オンラインゲームで女の子と出会う方法

MMOというのは、Massively Multiplayer Online、または MassivelyMultiuser Onlineの略だそうですが、ぶっちゃけてわかりやすく言えば『オンラインゲーム』の事です。
ここではMMORPGのことを便宜上MMOと呼びます。

MMOは現存する公的な集団の出会いの場としては、1、2位を争うほど強烈な価値を持っているので、
ぜひ活用してみることをおすすめします。

MMOでは、数千人のプレイヤーが一つのオンライン空間で活動し、チャット形式で会話したりできます。

具体例としていくつか代表的なMMOを挙げておきます。
リネージュ2
http://lineage2.plaync.jp/
ファイナルファンタジー11
http://www.playonline.com/ff11/index.shtml
ラグナロクオンライン
http://www.ragnarokonline.jp/
モンスターハンターフロンティア
http://www.mh-frontier.jp/

この他にもたくさんのMMOがあります。
MMOに関しては以下のサイトが詳しいです。
MMO総合研究所
http://www.mmoinfo.net/

MMOをやっている人は、MMOが第二の生活場所のようになっておりかなりの熱意を込めて遊んでいます。
もしあなたがゲームにあまり詳しくない場合は、ピンと来ないかもしれませんが、ゲームが好きな人は本当に好きで、平気で1日12時間とか遊んだりするのです。

それゆえに、ゲーム内で知り合った異性に対しては共有している時間が半端ではないので、強烈な感情移入をします。
要するに、恋愛に発展しやすいのです。
MMOをやっている女性の意見などを聞いていると、
男ってなんで出会い系なんてやるんだろうね?MMOやれば簡単に彼女できるのにw
ということを口を揃えて言います。

彼女探しの場として凄く使えるということです。
MMOの長所としては、
・女性をメッセンジャーに誘う明確な口実が自動的に発生する
・相手の女性のメッセンジャー使用率は非常に高く頻繁である(ネットゲームをやる女性のため)
・相手の女性は、ネット上での交流に免疫があるため変な壁を作らずに接してくれる優良な相手であるケースが多い
・日常の共有時間が極端に増えるため、感情移入が生じやすく恋愛に発展しやすい

というのがあります。

ただし、MMOをやる際にもマナーは守ってください。
MMOがいくら出会いに向いた場とはいえ、露骨にそれだけを目的として参加したりしたら、純粋にMMOを遊んでいる人達が嫌な思いをします。
恋愛に発展することを期待して使うのは良いのですが、女にしか声をかけないとか、そういった場の空気を乱すような極端な遊び方は控えてください。
チャットと同様に、みんなと仲良くなるのが大事で、結果としてそれが恋愛においても良い結果を生みます。

MMOが非常に使える場だというのは、理解していただけたと思います。
では、具体的にどのMMOをやればいいのか?
これについては、以下の条件を満たしているゲームを選びます。
・女性比率が比較的高い
・プレイヤー人口そのものが多い

この2点を満たしていればOKです。
ただ、あなたがゲームに疎い場合は女性比率もなにもさっぱり解らないと思いますので、その調べ方をお伝えします。




各MMOの女性比率とプレイヤー人口の調べ方

MMOの女性比率とプレイヤー人口については、各MMOのmixiのコミュニティを参照すればおおよそ推測することができます。

例えば、リネージュ2の女性比率とプレイヤー人口を調べたければ、mixiのコミュニティ検索で、以下のようにリネージュ2を検索しリネージュ2のコミュニティを出して、そのコミュニティの参加人数を見る
(プレイヤー人口の把握に役立つ)

そのコミュニティの参加者一覧を見て、その中に女性がどのくらいいるかをザっと見てみる(女性比率の把握に役立つ)といったチェックを行ってください。

目安として、そのMMO絡みの一番大きいコミュニティの参加者が1000人を下回っているようなら、プレイヤー人口が少ないと判断してください。(あくまで目安ですが)
女性比率は、女性が多ければ多いほど良いですが、3~4割くらいが女性なら充分です。




MMOを一緒にやる女の探し方

MMOをやる上で、どうやって女性と絡んでいくかですが、最初はゲーム内で知り合いを増やすよりは、ゲーム外から知り合い、一緒にゲームをやるほうがスムーズに仲良くなれることが多いです。

具体的には、
・mixiの該当MMOのコミュニティ
(mixiのコミュニティ検索で該当MMO名を打ち込めば出てきます)
・該当MMOの友達募集サイト
(検索エンジンで「○○(MMO名) 友達募集」などで検索して
出してみてください(例:「ラグナロク 友達募集」等))
などから女性を探してください。

「自分も○○(ゲーム名)やるんで、よかったら一緒にやりましょう」
という主旨の誘いをかけるわけです。
目的が明確なので、第一通目のアプローチをどうしたらいいか解らないと悩まれている場合でも、問題なくこなせるはずです。
性的な要素を全く意識させずに、無難にアプローチできるのも強みの一つです。




MMOはギルドという集団で動く

MMOでは仲間内集団のことを“ギルド”と呼びます。
そのギルドに所属することで、そのオフ会などにも参加できるようになるわけです。
MMOは1対1の単体の出会いの場としても使うことはできますが、ギルドに参加して集団の出会いの場として使ったほうが恋愛初心者の方(モテない方)の場合効率が良いはずです。

ギルドの入り方についてはゲームによって違いがあるので詳しくはあなたがやっているゲームの解説を読んでみてください。
また、あなたがもしゲーム音痴で今までまったくゲームをやったことすらないのであれば、まずはMMOの暗黙の了解のようなものを知るために、まずは1週間くらい1人で遊んでみてください。
あまりにも無知な状態で集団に飛び込んでも、馴染むのは難しくなってしまいます。




MMOを専門に出会いを増やしている人の声

かなり前に、MMOで金を稼ぎながら女と出会っている方、スギヤマ(私の知人)との対談しました。
それがMMOの使い方を知る上で参考になるので、ここでお伝えします。

山田:「最近、ネトゲがきっかけで付き合ったっていう人をかなり多く見るようになった印象があるけど。」

スギヤマ:「うん、実際付き合ってる奴は多いよ。ネトゲって一緒に共有する体験が多くて会話の量も半端なく増えるわけ。主婦のプレイヤーも多いけど、主人よりもネトゲ仲間との会話のほうが多いって人ばかりだよ。それで情が入っちゃって、不倫⇒離婚ってなったりね。」

山田:「ほおー!そんなにすごいんだ。」

スギヤマ:「驚くとこじゃないだろ、チャットだって結婚者は余裕で出てるし。」

山田:「や、それはいるけど、離婚に発展てのは聞いたことないぞ。踏み出そうとする決断の難しさが違うよ。」

スギヤマ:「基本的にはチャットみたいなもんだけどね。時間帯によって参加者の層が変わるとこも一緒。女子○生を狙いたいならこの時間、とかね。」

山田:「んーなるほど。ネトゲも出会いに使えるんだ。ネトゲも“リアルタイムで会話できる場所”だから強いんだろうね。」

スギヤマ:「それはある。実感が違うよ。それに、ネトゲのキャラってビジュアルがカッコイイのもあるから家で寂しくしてる女にとっては癒し的な存在かもね。」

山田:「でもネトゲってネカマが多いって聞いたんだけど、実際はどんな感じなの?友人に聞く限りではネカマの割合は他の媒体より多いって聞いたけど。」
(※ネカマとはネット上で女性のフリをする男性のことを指す)

スギヤマ:「ネカマはもちろんいるよ。割合まではわからんけど。でもメッセに引っ張って話せばすぐ解るし気にしすぎる必要はない。」

山田:「ああ、ネトゲでもメッセに引っ張ると強いんだ。」

スギヤマ:「ネトゲは構造的にメッセを使うのが便利だから、ゲーム仲間=私的な連絡先交換、って感じになる。それが激強い。」

山田:「ああ、なるほど。mixiとかだと、どうやってプライベートな連絡形態に移っていくかっていう点で悩む人も多いみたいだけど、ネトゲはメッセ登録が前提にあるのはあまりにも有利だね。」

スギヤマ:「あれほど彼女を作りやすい媒体は、めったにない(笑)ネトゲを媒体として、ゲームと関係ない話題も話せる友達になっていくっていうのが基本スタンスだな。」

山田:「それも凄くわかる。チャットでも「アニメ」のチャットなのに会話の内容は雑談オンリーっていうチャットに、昔よく通ってたんだ。そうなれば半端じゃなく深い交流になるよね。」

スギヤマ:「そだね。ゲームを進めずに、雑談だけするためにログインするプレイヤーも多いんだよ。」

山田:「要するに、交流が進めば、本来のゲーム性そのものより、人間的交流の面白さのほうが勝ってくるわけだよね。そうなれば完全に、ゲームの名を借りた「出会いの場」だね。

スギヤマ:「そそ。そういう場の効用って本当にデカい。知ってる奴にしか解らない最高の場所でしょ。」

山田:「うん、学生とかで「サークル」のような枠組みが身近にあるうちはいいけど、社会に出たら「出会いがない」と嘆き出す人は、かなり多いからね。そういう人もインターネットを使えば、より濃密な形で学生時代をやり直せるって考えてOKだと思う。」

スギヤマ:「それもあるし、集まってくる人の質が違うね。洋平は「壁がない」って表現してたけど、そんな感じ。アメリカ的というか、変な身内グループ意識がないというか。」

山田:「そうそう、類は友を呼ぶってのはネットでも少しあるけど美女とモテない君が同じ界隈で仲良くするなんてことは実生活では、そうあるもんじゃないからね。

スギヤマ:「まぁオンラインコミュニティはすごく使えるってことで。」

山田:「うん、ネトゲに関して、スギヤマくん詳しいからもう少し突っ込んだ話を聞きたいんだけど、ぶっちゃけ、どんなネトゲをやるといいの?」

スギヤマ:「それは女性比率とかそういう話?」

山田:「ああ、うん。それも含めた総合的なこと。ネトゲ特有の情報がほしい。割と突っ込んだ情報。」

スギヤマ:「いいけど、俺が話せるのは、ネトゲをやっている奴なら誰でも知っているようなことだからね。その点は了承した上で聞いてほしい。」

山田:「うん、基本的なことでいいよ。「出会い系やるくらいならネトゲをやったほうがはるかに多くの女と仲良くなれるのに、なんでみんなやらないの?」って言ってた女もいるくらいだし。どんな感じが気になる。」

スギヤマ:「とりあえずは絵柄がカワいいゲームのほうが女性プレイヤーは多い。それは単純な事実としてあるよ。」

山田:「あ、それは友達も言ってたな。ラグナロクとかが人気なのはそのせいなんだよね?」

スギヤマ:「そのせいかは解らないけど、女性比率は高めじゃないかな。」

山田:「PK(※プレイヤーキラーのこと)のないゲームが良いっていう話も聞いた。」

スギヤマ:「あ~それはどうだろ。言われてみればそうなのかな・・。とりあえずプレイヤー人口が多いのは絶対条件だから旬の人気ゲームをやったほうがいいとは思う。出会いを期待するなら女性の数の確保は欠かせないから。あとは、スタートダッシュが重要だね。
ゲームが発売された直後って、声をかけやすいからそのときに仲良くなっておくといい。


山田:「なるほど、新しい注目のゲームが出るならそっちに行くほうがいいんだね。」

スギヤマ:「あ~まぁ一概に言い切れないけどな。初期段階のほうが人脈は増えやすいのは確かだよ。あとは、単純にゲームをやり込んでレベルを上げておくのが重要なのは言うまでもない。
さすがに低レベルで仲良くしよって言っても相手にされないだろうから。
ある程度はそのゲームに馴染んでおいてから出会いを探すのが常識。
露骨な出会い目的オーラを前面に出すのも厳禁。
そこらへんは人としてのマナーの世界だから言うまでもないと思うけどね。」

山田:「ふむふむ、なるほど。」

スギヤマ:「それだけに、ゲームそのものが嫌いな場合はきついね。100%出会い目的なら他にもっといい媒体があるかもしれない。
ゲームが好きだから、そのついでに女とも仲良くなりたい、っていうノリでやれればベスト。
それができないなら、特にネトゲをやるのは薦めない。」

山田:「なるほど、前提としてゲームが好きである必要があるんだ。」

スギヤマ:「うん、まぁチマチマと1人プレイのRPGをやるよりははるかに価値ある時間になるはずだし、
ゲームも女も好きならネトゲをやらない手はないよ(笑)
どう考えても1人でコンシューマーゲームやるよりは有意義。」

という感じなのです。MMOは今でも猛威を奮い続けている出会いの場なので、ぜひ活用してください。

このページの先頭へ